三涼ホーム

売り物件求む!

*

マグマ噴火

   

阿蘇中岳は「マグマ噴火」 火炎現象や山の膨張も

 

 熊本県の阿蘇中岳は断続的に小規模な噴火が続いていますが、気象台の現地調査で、この噴火は「マグマ噴火」であると考えられるということです。

 「この噴火はマグマ噴火である」(福岡管区気象台 上之薗正利火山防災情報調整官、27日)

 福岡管区気象台によりますと、27日に行った現地調査で、火口周辺にマグマ由来の噴石「スコリア」が飛散していたことから、この噴火は「マグマ噴火」であると考えられるということです。

 福岡管区気象台によりますと、27日午前11時半すぎには火山灰を含んだ噴煙が火口から1500メートルまで上がったということです。

 また、火口内では高温の噴出物が赤い炎のように見える火炎現象が断続的に確認され、気象台の地殻変動観測では、山が、わずかに膨らむ傾向も続いているということです。

 福岡管区気象台などが現地調査を行ったところ、火口の南側で火山灰がおよそ7センチ積もり、こぶし大の噴石が飛散していることも確認されました。

 また、火口内の噴気孔は、1週間前の調査の時より、やや大きくなっていたということです。

 - ブログ