三涼ホーム

売り物件求む!

*

中森明菜

   

中森明菜、4年ぶり新曲で復活!すでに極秘レコーディングも

 

中森明菜、4年ぶり新曲で復活!すでに極秘レコーディングも

 

 体調不良で2010年10月から無期限活動休止中の歌手、中森明菜(48)が4年ぶりに新曲をリリースすることが9日、分かった。ミディアムテンポの「SWEET RAIN」で、6月下旬までに東京都内で極秘レコーディング。さらに、昭和歌謡の「恋の奴隷」などカバー2曲も新録し、8月6日に2枚同時発売のベスト盤とカバー盤にそれぞれ収録される。「明菜ボイスは以前と変わらず、作品的には100%」と関係者。歌姫が帰ってきた-。

 ストレスによる免疫力低下で体調を崩して以来、入退院を繰り返し、現在は自宅療養中の明菜が、いよいよ活動再開に向けて動き出した。

 2010年7月の「Crazy Love」以来4年ぶりの新曲となる「SWEET RAIN」は、音楽プロデューサー、河野圭氏(43)の書き下ろし。気張らないメロディーラインで、明菜の歌唱力を生かしたミディアムテンポのシンプルな楽曲だ。

 レコーディングは6月下旬までに都内スタジオで極秘に行われた。立ち会った関係者は「完全復帰とは言い難いが、明菜ボイスは以前と変わらない。作品的には100%のレコーディングができました」と満足げだ。

 さらに明菜は、奥村チヨ(67)の「恋の奴隷」(1969年)と、故日吉ミミさんの「男と女のお話」(70年)もレコーディング。関係者によると、両曲とも明菜がカラオケで好んで歌うことから自ら選曲し、8月6日発売のカバー曲ベスト盤「オールタイム・ベスト-歌姫-」に収録した。

 一方の新曲は、同時発売のシングルベスト盤「オールタイム・ベスト-オリジナル-」にボーナストラックとして収録した。関係者は「体調的には万全とはいえなかったけど、32年の歌手活動の歴史をひも解いた集大成アルバムに収録することから、明菜自身もレコーディングに対する気持ちが違っていたように思えた」と振り返る。

 新曲のプロモーションについて、明菜サイドは「テレビ出演は考えていない」としているが、シングル発売には「今後、明菜の体調を見ながら検討していきたい」と前向きだ。

 今回のアルバム初回特典で、明菜の近況が分かるDVDがそれぞれ付くことも発覚。内容は現在、編集中という。明菜が報道陣の前に姿を現したのは、2010年7月13日に東京都内で行われたパチンコ機種「CR中森明菜・歌姫伝説」の発表会見が最後。

 その後、8月20日~9月30日まで楽曲「Crazy Love」の全国キャンペーンを行って以来、公の場に姿を見せていないだけにファンにとって貴重な映像となりそうだ。

 - ブログ